女の子に道を尋ねる勇気も出ない30代の豪傑ヒーローがストリートナンパして、余裕で複数の女の子と付き合えるようになって、にぎやかに楽しく暮らすナンパ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ナンパ経験】
女の子に道を尋ねる勇気も出ない時がある

【年齢】
30代

【体型】
身長160cm台半ば
足も短い(もちろん胴も短い…)
顔が大きい
醜い

【髪型】
薄い

【コンプレックス】
気が小さい
体が弱い
暗い
友達が少ない
自信がもてない
話をしたいけど話題が思いつかない
あせってすぐテンパる
ネガティブ思考
被害妄想(悪く思われてないかとか)
人に不快感を与えるのが嫌で気を使ってしまう
感情表現がストレートに出せない(喜んだり、怒ったり)
特定の人との付き合いばかり、新しい人脈が築けない
コミュニケーションが下手。自信が持てない
感情コントロールが下手。(イライラしたり、不安になったり)

【ナンパを始めた理由】
全く面識の無い人とでも人見知りせず仲良くなれて、場の空気を明るく楽しくすることができて、いつも会話の輪の中心に居るような存在になれたらいいなぁと思ってナンパを始めました。
最初はネットでナンパ音声商材のホームページを見つけました。
内容的に非常に魅力的な感じがしたので購入して聞きました。
ナンパ音声を聞いてナンパのイメージが変わりました。
正直ナンパって言うとヘラヘラした男が女のケツを追っかけるみたいな、ちょっとかっこ悪いイメージがありましたが、そのナンパ師のキャラクターはカッコよくって、女の口説き方もスマートな感じがしました。
ナンパできるようになるとこんなことが出来るのかっていう期待を持ちました。
しかし何回聞いても女の子に声をかける勇気が出ないので、実際に会って街で直接教えてくれるナンパ塾をネットで探しました。
河木さんのナンパ塾のホームページを見て、ナンパの技術論だけでなくメンタル面の強化とかも出来ると思いました(広い意味での地蔵克服とか)。
また、受講生のブログとかを見て魅力的に感じました。

モッキーさんのブログの実際に成長の過程を追っているメールのやり取りや、目的に向けて色々と試行錯誤や戦略を練っているところとかを見て自分でもこんな風にやってみたいと感じました。

あとは、くろたんさんのブログのはじめの方とかですが、ナンパを始めた動機とか考えとかに共感しました。
こんな風に自分も変わってみたいと。



ナンパを始めたきっかけ
http://gouketsuhero.blog130.fc2.com/blog-category-6.html



河木さんのナンパ塾
http://www.nanpajuku.com/

モッキーのエロバカ日誌
http://blog.livedoor.jp/mocky_2006/

30代“くろたん”のナンパ日記
http://kurotan.dtiblog.com/blog-date-200708.html



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:出会い技術や恋愛テクニック - ジャンル:恋愛

【2037/12/31 23:59】 | 豪傑ヒーローの自己紹介
トラックバック(0) |


黒瀬翔
読み応えあるブログですね、
ブログを隅々まで読んでしまいました。

私は最近は路上をやる機会が
減ってしまいましたが、まだまだ
やっている方は多そうですね。

これからも応援しております!

承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
20代は仕事中心の暮らしをしていました。
友達の誘いも断り、休日も何かしら仕事を持ち帰ってやっていました。
今思えばそれを理由にもともと苦手だった人付き合いを避けていたのかもしません。
そうして、だんだんと人とのコミュニケーションが希薄になっていきました。

もともと能動的に自分から人に関わって行くのが苦手だったと思います。
結果、人から誘われたときにだけ関わって行くというスタンスになり、より能動的に人と接する事ができなくなっていきました。付き合いの長い友達とか、一部の人との接点があれば特に不満は感じないと思っていたので、無理して人と関わり合いを深めて行かなくても何とかなるという環境だったのもあったと思います。

そうして30代になり気がつくと、僕の周りの人間関係はといえば、特定の関係を除けば、仕事絡みの付き合いか、キャバクラの子とのメールのやり取りくらいしかありませんでした。
キャバクラには22、3歳の頃から行っています。今でもいくことはあります。
回数は数えたことないですがかなりの回数行っていると思います。
一緒に行くのは職場の先輩、同僚、後輩、取引先のお客さんなどです。
このまま年をとっていけば、人間関係はさらに狭くなって行くのではないか、次第にそんな不安を感じるようになっていました。

そんなあるときふとインターネットであるナンパ系の音声とマニュアルの商材を目に
しました。

ナンパは、今の自分に最も足りなくて、そして必要としているものを補ってくれるのではないかと感じました。
ナンパを通じて自分の苦手なコミュニケーションを克服出来るのではないかと、新たな人との関わり合いを作ることができるのではないかという期待を持つようになりました。
内容的に非常に魅力的な感じがしたので購入して聞きました。

早速ナンパ音声を聞いて、マニュアルを読んで勉強をしてみました。
ナンパ音声を聞いてナンパのイメージが変わりました。
正直ナンパって言うとヘラヘラした男が女のケツを追っかけるみたいな、ちょっとかっこ悪いイメージがありましたが、そのナンパ師のキャラクターはカッコよくって、女の口説き方もスマートな感じがしました。
ナンパできるようになるとこんなことが出来るのかっていう期待を持ちました。

音声を聞いた後、もちろん町にも出てナンパを試みてもみました。
渋谷で歩きながら声をかける女の子を探しました。
センター街のあたりから、本店通り、ドンキ前あたりをぐるっと回るようなコースだったと思います。
ただ、頭の中のイメージとは裏腹に体は全くいう事を聞いてはくれません。
完全な地蔵でした。
「すみません」の一言さえ声をかけることができませんでした。
どうせ自分には無理なんだ。
自分みたいなうじうじした人間を相手にしてくれる人なんて居るわけない。
もうそんな惨めな自分をこれ以上意識するような事はしたくない。という悲観的な考えでした。
ナンパで人との関わり合いを増やすどころか、これだけ多くの人が行きかう街中でさえ依然自分は一人ぼっちのままでした。

その後も何度となくイメージを膨らませて、期待を持って町へと出てみましたが結果は一緒でした。
まるで友達にでも話しかけるように、明るく軽快に話しかけて、女の子もそれに当たり前のように友好的な態度で接してくれて、意気投合して面白楽しく会話するというようなイメージを膨らませていましたが、何日町に出ても声をかけることができませんでした。

やろうと思えば思うほど、頭の中のイメージと現実が乖離していきます。
代わりに突きつけられるのは、自分がこれほどまでにしたいと思っている行動を自分自身でどうすることもできないという現実でした。

やろうとした事が出来ない自分が嫌で、腹が立つ。
どうせ自分なんかダメだ、何をやってもうまくいかないという悲観的な気持ち。
焦りや苛立ちでどうしていいか分からず叫びだしたくなるような心境。
すごく不自然にテンションが上がったり、逆に下がったり。
酒を飲んだりして一時は気が晴れるけど、必ず翌朝になって襲ってくる鬱感があったり。
そんな心境でした。

やがて自分で自分自身を信用できなくなっていき、町へ行くのもナンパ音声を聞くのもマニュアルを見るのもやめてしまいました。
それでもナンパをしてみたいという気持ちは持ち続けていました。
でもどうすればいいのかは全くわかりません。
自分に必要なのはナンパの知識やスキルをマニュアルで覚えることよりも先に、ナンパがどういうものなのかを体で感じることのような気がしました。
そんな考えに至って、インターネットを検索すると、割とすぐに河木さんのナンパ塾に行き着きました。

講師が怖い人だったらどうしようとか、向いてないからやめた方が良いよとか言われないだろうかとか、結局何も出来なくてさらに自信を失うんじゃないかといった心配がありました。

少し勇気が要りましたが、今のままの自分で生き続けるよりはマシだろう、これでダメならあきらめようという気持ちでナンパ塾の申し込みをしてみました。

僕は物怖じしない性格でにないし、テンションが高いわけでもない、コミュニケーション能力に長けてるわけでもない、ルックスがいいわけでもない、人の気持ちが分かるわけでもない。
今思うと何一つとしてナンパ向きの素養はなかったとは思いますが、唯一このときの判断だけは間違ってなかったように思います。

そんなこんなで今もこうしてナンパを続けています。
まだまだヘボ腕ではありますが、河木さんをはじめ、
ナンパ仲間の皆さんや、今までナンパで出会ってきた女の子たちのお陰で
その時の劣等感を少しづつ払拭できるようなってきました。

僕のブログは少々意味不明なところもあると思いますが、
同じような境遇の方が居て、その方の何かの役に立てれば幸いです。

【2011/05/30 22:49】 | 豪傑ヒーローの自己紹介
トラックバック(0) |
河木さんのナンパ塾に申し込みました。

・教え方が初心者向けでやさしそうだと感じた。
・ナンパの技術論だけでなくメンタル面の強化とかも出来ると思った(広い意味での地蔵克服とか)
・マンツーマンでやってくれる。
 ・自分のペースに合わせてもらえそう。
 ・一方的にならずにこちらからの質問とかがしやすい。
・検索でたまたまヒットした。
・体験レッスンがあった。
・自分が活動できる時間や場所にあわせてもらえそうだった。
・受講生のブログとかを見て魅力的に感じた。

http://blog.livedoor.jp/mocky_2006/
モッキーさんのブログの実際に成長の過程を追っているメールのやり取りや、目的に向けて色々と試行錯誤や戦略を練っているところとかを見て自分でもこんな風にやってみたいと感じました。

http://kurotan.dtiblog.com/blog-date-200708.html
あとは、くろたんさんのブログのはじめの方とかですが、ナンパを始めた動機とか考えとかに共感しました。
こんな風に自分も変わってみたいと。

> 僕は本来、地味な男です。
> 人と話すのが苦手です。
> 学生時代は、沢山友達がいるタイプではありませんでした。
> 仲間といるより、一人で本を読んだり、ゲームをしているのが好きだったんです。
> 当然女の子と出会うことなんてありませんでした。
> でも、女の子がキライな訳ではありません。

この辺とかは自分に当てはまることが多いと感じました。
自分もそんなタイプの人間です。

> 僕がストをする大きな目的は、かつてやりたかったこと
> 「女の子と遊ぶ」、「仲間とつるんでバカをやる」です。

この辺の感じとかはすごく楽しそうで魅力を感じます。
「女の子と遊ぶ」、「仲間とつるんでバカをやる」
これをし続けられる人生なら相当幸せだと思います。

> 僕は今まで真面目な優等生でした。
> だから築けたものも沢山あります。
> しかし、置き忘れたものも沢山あります。
> それをストを通して取り返したいのです。

自分も同じようなことを考えていました。
今までの自分の生活スタイルではこの先得られないであろう
経験をしてみたい。ナンパだったらそれが出来るかも。

> 僕のストのスタイルはまったりのんびり、仲間とバカをやりながらです。
> 数打つのではなく、仲良しの女の子と関係をより深くしたいのです。
> そんなストに共感してくれる仲間が欲しいのです。
> 自分をさらすには勇気がいりましたが、
> 本当の僕を知ってから仲間になって欲しいのです。

ナンパやってそれを通じて仲間が出来たらとても楽しいだろうな。と思いました。

漠然とですが、受講前から思っていました。
ナンパが出来れば、男女問わず人との交流がもっと多くなるんじゃないかと。
そういう人間になりたいと。

という理由で河木さんのナンパ塾に申し込みました。

【2010/02/20 23:40】 | 豪傑ヒーローの自己紹介
トラックバック(0) |
ナンパを始めたときは自分でもそれ程はっきりしてなくて、「ナンパが出来るようになりたい」というような漠然とした動機だったと思います。
その中に含まれる事を今改めて具体的にすると、、、

・女の子にもてたい。
・コミュニケーション能力を高めたい。
・気が小さいのが直るんじゃないかなと思った。

という期待でナンパ塾に申し込みました。

あと段々年を取るにしたがって、出会いが減って、人との交流が固定化してきてしまって、このままでいいのかなと思うようになっていたので、ナンパが出来れば出会いの可能性が無限に広がるんじゃないかという期待もあったと思います。

仕事がらみの人間関係が大半なので、仕事以外でも交流を増やしたいです。
好き勝手に考えると、全く面識の無い人とでも人見知りせず仲良くなれて、
場の空気を明るく楽しくすることができて、いつも会話の輪の中心に居るような存在になれたらいいなぁと妄想してます。
例えば自分を介して、人と人を引き合わせたり、逆に自分が紹介してもらえたり、そんな感じで交友関係が広がっていくと楽しいだろうと思います。

【2010/02/15 23:10】 | 豪傑ヒーローの自己紹介
トラックバック(0) |
くろたんさんも日記で書かれていましたが、僕も一人で遊ぶのが好きだったと思います。

○DVDを見る
洋画が多いです。好きなのは少し前の作品が多いです。
・ゴッドファーザー
・パルプフィクション
・フォレストガンプ

○テレビを見る
お笑いが多いです。
テレビは今でも結構みてますね。

○音楽を聴く
90年代くらいにバンドブームで流行っていた楽曲が多いです。

・メタリカ
・ニルヴァーナ
・クィーン
・ビートルズ
・X
・BOOWY
・ユニコーン

○ギター弾く
学生の時はグランジ全盛だったのでニルヴァーナのコピーとかはやってました。
あとは、自分で曲を作ってデモテープ作ったり。
歌本見ながら知ってる歌謡曲とかチョット弾いてみたりとか。
運指とかもやりました!意味の無いスケール練習とかスィープの練習とか。

○本屋とかCDレンタル屋に行ってうろうろする
職場近くの大きな本屋は良くうろうろしてました。
最近もツタヤとかいくとついうろうろしてしまいます。

○ゲーム
・シムシティ(都市開発ゲーム)
・ファイナルファンタジー(RPG)

○漫画
少年漫画が多いです。格闘物とかSFとか。
・ワンピース
・はじめの一歩
・20世紀少年
・バクマン
・デスノート

○小説
・浅田次郎「天きり松シリーズ」(時代もの)
・浅田次郎「プリズンホテル」(人情物?)
・星新一「ショートショート」(SF)

物語が好きですね。
というか物語以外の活字をあまり読まないです。
よっぽど必要なものとか、人から進められた本とかで無ければ。

浅田次郎の小説は人情味のあるエピソードがあって好きです。
天きり松は文体がかっこ良くて声に出して読みたくなります。

○熱帯魚の世話
熱帯魚は、淡水、海水共に多いときで2、30匹くらい飼っててました。
水槽は3台くらいありましたが、今は全部処分してしまいました。

○酒を飲んでボーっとする
一人で遊ぶのは今でも好きは好きですが、あまりゲームやったり、じっくり本を読んだりという時間は少なくなったと思います。
一人で遊んでいた時間は現在では、ナンパ関連の活動で置き換わっていると思います。活動の準備や、考えたり。
ナンパであの時良くなかったかなとか、あれが良かったかなとか。
女の子にメールなんて送ろうかとか、通信教育メールの返信内容考えたりとかしています。
ナンパ塾の宿題で調べ物をしたり、ブログ読んだり。
宿題の調べ物では河木さんに教えられた情報源を読んだり、出てくる言葉の意味を調べたり。
ナンパ環境作りのための調べ物だったり。

【2010/02/10 23:06】 | 豪傑ヒーローの自己紹介
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。