女の子に道を尋ねる勇気も出ない30代の豪傑ヒーローがストリートナンパして、余裕で複数の女の子と付き合えるようになって、にぎやかに楽しく暮らすナンパ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年3月2x日

本日は4度目のナンパ講習になります。

最近やっとあったかくなってきて外での活動もしやすくなってきたと思っていたのですが、今日はまた冬に逆戻りしたような寒さでした。

河木さんと駅で待ち合わせをして、前回までの確認などをしてから講習を開始します。

前回のメール相談で、気持ちが上がりずらいことなどを相談させてもらっていたこともあり、講習は楽しみながら出来るようにといろいろと趣向を凝らしたものにして頂きました。

ここのところ一人で黙々と宿題をこなすような感じでの活動になってしまっていたので、久しぶりに楽しんでナンパする事ができました。

基本いつものように指名をしてもらい声を掛けるということをやっていくのですが、今回印象に残った活動では、男にも声を掛けるというもの。といっても別にゲイ的な意味ではなく。

ナンパって突き詰めていくとコミュニケーション能力や人付き合いに対する考え方とかって部分がとても重要になってくるのだと思うのですが、その原点って男も女も関係ないんですよね。要は他人に対してどのように接していくべきなのかということで。
そんなちょっと深いことを考えさせられる課題でした。

とはいえもちろん目標は女の子にもてるようになりたいということなので女の子にバンバン声を掛けます。
でもまだまだ結果は芳しくないです。相手の問題というより、自分自身に受け入れるゆとりがないのかなとか思ったりします。

ここ最近の活動を通して幾度となく思うことがあるのですが、やっぱり余裕ってとても重要だなと。
余裕がなくなってくるとやっぱりナンパってうまくいかないのですよね。

個人の活動も重要ですが、やっぱり講習をしてもらうといろいろと学べることが多いです。今回も数時間の間でしたが本当に密度の濃い内容でした。この内容を自分の中で消化できるように確認しつつ今後の活動に役立てていこうと思います。



スポンサーサイト

【2010/10/11 21:49】 | 河木ナンパ塾
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。