女の子に道を尋ねる勇気も出ない30代の豪傑ヒーローがストリートナンパして、余裕で複数の女の子と付き合えるようになって、にぎやかに楽しく暮らすナンパ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月2x日

今日は朝から割りと気分的に調子がいいです。
たまにそういう日があります。

時間もあることなので、もちろん課題を実行しに行きます。

さすがに今日は道聞きをしたいなと思います。
というのは先週道聞きガン無視2連発くらって意気消沈してからやってなかったので。

身だしなみや持ち物などいつもより入念にチェックをして、
講習などでもいつも利用しているS駅へと行きました。

降り立って早々ターゲットを発見。今まで何度も道聞きをしている場所です。教わったことなどを一つ一つ思い出して丁寧に声を掛けました。

道聞き1人目
「すみません。」
「はい?」
「○○はどこだか分かりますか?」
「すみません。私も詳しくなくて分からないです。」
「そうですか。ありがとうございます。」

全精力を傾けた渾身の道聞きったと思います。
まあ、反応はごく普通なものでしたが。

とりあえず道聞き出来てよかったです。
もう道聞き出来ないんじゃないかってくらいへこんでたので。

その後、課題Oを40分ほどやりました。
少し疲れを感じたので一旦休憩。喫茶店でコーヒーのみながらブログ見たりしました。

駅へ戻って道聞きをもう一度。
道聞き2人目
「すみません。」
「はい。」
「○○ってどういったらいいか分かりますか?」
「○○は○口なので、ここをこう行って、階段下りて・・・・・」
「こっち行ってこうですね。ということは駅の反対側ですか?」
「そうですねー」
「じゃあ歩いたら10分くらいかかりますね。」
「そうですね。そのくらい掛かると思います。」
「分かりました。ありがとう御座います。」

丁寧に道案内してくれていい人でした。

次は3人目なのですが、実は3人目は鬼門です。いつも3人目くらいからおかしくなるので。

別の場所へ行って声を掛けられそうな人を探したのですが見つからずしばしぼけっと人を眺めてしまいました。でもこの時間が割りと好きです。

また移動すると、キオスクの前あたりに立ち止まっている子がいたので道聞きしました。

道聞き3人目
「すみません。」
「はい。」
「○○ってどっちだか分かりますか?」
「えーっと・・・確か○口の方の。。友達が来れば分かるんだけど・・・」
「ここって○口だから反対ですかね。」
「そうですね・・・ちょっと聞いてみましょうか」
といってキオスクのおばちゃんに聞いてくれました。
一緒におばちゃんの道案内を聞きました。
「分かりました。ありがとうございます。」
「(^-^)」

なんていい子なんでしょう。
すごく親切で笑顔のステキな子でした。


時間が遅くなってきたので今日はここまでとしました。

今日は時間を多めにとって、休憩をちょこちょこ挟みつつ、焦ってないか、疲れてないかと自分に確認しながらやっていたので、ペースを崩さず良かったのかも知れません。どうも焦りグセがあるようなので。

何とか道聞き出来て良い反応ももらえたので、今日は久しぶりに枕を高くして寝られそうです。


ここは未来の自分へ。。。
また近いうち同じようなことがあると思うのでそのとき用にメモ

・準備を念入りに
・基本に立ち返り丁寧に
・焦ったりしたら休んで立て直す
・時間にも余裕を持たせて

と書いてても忘れたりするから不思議。


スポンサーサイト

【2011/01/16 22:08】 | 道聞き地蔵ナンパ日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。