女の子に道を尋ねる勇気も出ない30代の豪傑ヒーローがストリートナンパして、余裕で複数の女の子と付き合えるようになって、にぎやかに楽しく暮らすナンパ日記。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性には自分から積極的に行くほうでは無いと思います。
基本気が小さいので、向こうから来てくれるか、好意もってくれてそうな子とばかり付き合っていたと思います。
学生の頃とかは周りに女の子も沢山いたので、部活とかサークルみたいな固定したグループの中で女性と出会って付き合ったりしていたと思います。

初めてちゃんとした付き合いをしたのは、高1くらいだと思います。
どうやって出会ったかはっきり覚えてないですが、友達の紹介かなんかで知り合った他校の子でした。
今思うとめちゃわがまま言ってたようなきがします。

女性とのデートは、割と行きたい所に行こうと提案して、連れて行く方だと思います。
付き合ってきた子とは、普通に映画見に行ったり、海に行ったり、ドライブしたり、旅行に行ったり。

今は、職場の友人と交流が一番多いです。
学生時代の友達とか昔の友達とかは、たまに飲みに行くくらいで、大分疎遠になっています。
恋愛と同じくですが、自分から誘ったりする方ではなく、声を掛けてもらったときとかに遊びに行くとかが多かったと思います。
なので友達づきあいは次第に薄くなっていってしまいます。
コミニュケーションには全然自信がないです。

良く人から、「なんか怒ってる?」とか、「話しかけづらい」とか、言われることがありました。
職場の後輩に
「はじめはすごく怖い人だと思っていました。」
同じく職場の後輩(別の)
「なんか話しかけづらい感じがします。」
身内に
「昨日あなたに合わせた友達がなんだか怖そうって言ってたよ。」

・・・など。ここ数年で言われたことです。
忘れてしまったこともあるので他にもあったかもしれないです。
ニュアンスも微妙に違ったかもしれません。

でも昔から自分ではそんなつもりが無くてもそういう評価を受けることがあったので気にはなっていました。
いじられキャラみたいな感じになるのも苦手です。
正直、いじられたりすると馬鹿にされているような気がして、素直に受け入れられないというのもあって、壁を作ってしまっているのはあるのかも知れないです。
営業職の友達が居て、一緒に飲み会に行ったりしても女の子ともすぐ仲良くなれるやつなんですが、やっぱり良くいじられてました。
いいなとは思いつつも、自分には無い素質のようなものだと思っていたので諦めてはいましたが、身に着けられるなら身に着けてみたいです。
スポンサーサイト

【2010/02/05 23:03】 | 豪傑ヒーローの自己紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。